意外と気付かない!?事前に確認したい風俗店面接時の3つのポイント

>

ここに注意!面接時に話していいこと・悪いこと

お金の話は慎重に

いよいよ面接当日!
勤務可能な曜日や時間帯など、面接では実際に働くにあたって話しておきたいことを確認することができます。
しかし、その際、話す内容も注意しておかなければいけません。
それはお金についての話です。
もちろん、働くにあたって基本給や手当てなどの待遇について確認しておくことが悪いということではありません。
特に風俗店では一般的なアルバイトと比べるとはるかに高時給が期待できます。
その為、ついついお金の話ばかりに気が向いてしまうのも無理はありません。
しかし、あからさまにお金の話をしてしまうと、「お客に丁寧なサービスをしてあげられるのか」とお店側も採用するかどうか悩んでしまいます。
あくまでお店側としては、「丁寧なサービスを提供してくれるか」という点で一緒に働くうえでの安心感を求めています。
お金の話については、それとなく聞きだすのがベターです。

話すときの仕草が与える印象

話す内容だけでなく、話の仕方も相手の抱く印象に大きく関わってきます。
例えば、自分の聞きたいことだけ一方的に聞いて、お店側からの問いかけに対していい加減に答えるような人では、どんなに整った容姿やスタイルをしていても魅力半減となってしまいます。
特に風俗店のキャストではお客との対話といったコミュニケーション能力も求められます。
その為、お店側は「言葉のキャッチボールが出来るか」「相槌を打つタイミングは適切であるか」などを面接時にチェックし、採用するにあたって信頼できる人材かを判断しています。
話したい、聞いておきたい内容ばかりに気をとられることなく、自然な言葉のやり取りが出来るように意識しておきましょう。


TOPへ戻る