意外と気付かない!?事前に確認したい風俗店面接時の3つのポイント

>

面接時の身だしなみについて

面接時の服装・メイク・持ち物について

風俗店の面接では服装の指定などないので、普段着で面接に臨むことになります。
しかし、普段着でいいとはいえ、お店側は身だしなみについてもチェックしています。
お店側がチェックするのは、服装や持ち物がボロボロでないかどうか。
フォーマルな面接ではないとはいえ、ボロボロの服では印象がよくありません。
また、バッグや靴など、細かなポイントもチェックされています。
風俗店のキャストはお客に対して安心したサービスを提供することが求められます。
その為、バッグや靴などから、細やかな気配りが出来るかどうかが見られています。
しかし、あまりに高価なブランドや派手な色合いの服装で身を固めてしまうのも、お店側に不安を与えてしまいます。
メイクについても、あまりに手を抜きすぎるのも、完璧すぎるのも印象がよくありません。
目安としては、仲のいい友だちと街に出てショッピングを楽しむような感覚で、当日の身だしなみを整えましょう。

人は見た目で大部分判断される

「面接なんだから、そこまで身なりに気を張らなくても話をすれば人柄は伝わるはず!」。
人によっては、こんな風に考える方もいるかもしれません。
しかし、どんなに人柄が良くても、見た目に違和感を持たれてしまってはお店側に好印象を与えることはできません。
なぜなら、人は見た目の情報で約9割のことを判断します。
加えて、「相手にどう見られるか」を考えられないということは、風俗店を利用するお客さんの視点にたってサービスを提供することも出来ないことを意味します。
その為、お店側も面接時に身だしなみをチェックし、採用しても問題のない人物であるかを判断します。
性格の良さをアピールしたいとしても、まずは見た目が不安を与えるようでは意味がありません。
お店側に不安を与えないような、自然な格好を心がけましょう。


TOPへ戻る