風俗店の面接前に意識しておきたいポイント

意外と気付かない!?事前に確認したい風俗店面接時の3つのポイント

はじめての風俗店面接!!…まず何をすればいいの?

面接前になると、面接に着ていく服装や面接時に確認しておきたいことの整理など、自分が何をするかばかり考えてしまいがちですよね。 しかし、面接とはお店にとって必要な人材を探す場でもあります。 面接前にお店の特徴を確認して、どんな人材が求められているのか把握しておきましょう。

面接時の身だしなみについて

「明日は面接の日だけど、就職活動の面接でもないし、普段着でいいや~」 ちょっと待ってください!確かにスーツを着ていくほど気張るものでもありませんが、かといってラフになりすぎてしまうと、だらしないという印象をお店側に与えてしまいます。 つい適当になってしまいがちな面接時の服装について、確認しましょう。

お店の特徴を事前リサーチ

「お金に困ってて…」「友だちに紹介されて…」風俗店に応募する理由は様々だと思います。
そしてお店で働くとなると避けては通れないのが、面接。
お店の経営者やマネージャーと直接会ってお話することになります。
しかし、「風俗店の面接なんて、顔やスタイルさえ良ければ問題ないでしょ?」「アルバイトの面接と変わらないのでは?」と甘く考えていると、不採用とされてしまうかもしれません。
近年は条例や法規制による取り締まりが厳しいことから、各風俗店もサービスの向上やキャストの質を高めるなど、様々な工夫を凝らしながら生き残りに必死な状態です。
つまり、風俗店側としては、応募してきた人を誰でも採用するわけではなく、「この人なら雇っても問題は起きないだろう」と慎重に相手を見定めたいという意図があります。
特に風俗店では高時給を売り文句としていることから、採用について風俗店側が慎重になるのも無理のない話です。
確かに、一般的な就職活動における面接ほど重苦しいものではありませんが、何も準備をせずに面接に臨んでいいという訳ではありません。
面接である以上、ポイントとなるのは「採用者側の立場に立って考える」ということです。
採用者側に悪い印象を持たれてしまっては、絶世の美貌やプロポーションを持っている人であっても面接は上手くいきません。
相手の視点にたって考えるというのは当たり前の話ではありますが、お金が絡む話になるとついつい忘れがちになってしまいます。
この基本を押えておくことが、面接前の準備の第一歩です。

ここに注意!面接時に話していいこと・悪いこと

面接では実際に働くにあたっての勤務日や待遇など、様々なお話をすることになります。 事前に話しておきたいことや聞いておきたいことをまとめておくと面接がスムーズに進みます。 しかし、話したい・聞きたい内容によってはお店側に良くない印象を与えてしまうかもしれません。 面接時に話す内容について確認しましょう。

TOPへ戻る